スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センターの散歩ボランティア

昨日、センターの散歩ボランティアにいってきました。

毎回、毎回 本当に勉強になります。

リハビリが必要なビビり犬へのアプローチの仕方や 触れ方や 抱っこの仕方。

こういう犬は早く家庭に入れてリハビリしてあげたいもんですね。



トレーナーさんと先輩ボランティアさんの話、接し方をみているだけでも
目から鱗です!


2週間ぶりのセンターでしたが 譲渡されたコもいれば新しく入っているコ達もいました。

センターに収容された。ってだけで 「凶暴な犬」「何か問題のある犬」って思われがちですが
事情はさまざま。

飼い主さんが亡くなっていて収容されたコもいますし。ま、 人間の勝手で収容されたコがほとんどですがね。

普通に飼えるいい犬ばかりです。

少しでも多くの犬が譲渡してもらえるように ボランティアさんたちは犬達に 正しい散歩、人と繋がる幸せ
を 短い時間の中で犬達がなるべく沢山体験できるように 接しています。

でも 不思議な事に誰も「なんてかわいそう・・・・」ってな 気持ちでしていません。

どちらかっていうと 楽しく、笑いながら、犬達と接している事が多いので ボランティア楽しいです。

この エネルギーが犬にとってもいいんですよね! なんだか気分だけで楽しくなっちゃう♪ みたいな!


超ビビリな犬なら ボラさん達は決して犬を直視なんてしません。世間話しながら?リハビリしていたり。

「自意識過剰だよね~~笑 誰もアンタの事そない意識してないよ~。」ってな会話を繰り広げ(笑) わいわいやってると 気がついたらお座りしてたり 外で食べれなかったはずのおやつ食べてたり、最後にゃ抱っこまでできたり。

ワイワイやってるのも もちろん意味があっての事! ワイワイやりながらも ボラさん達はちゃんと犬の
感情移動を見過ごしていませんので タイミングをみながら リハビリしているんです!


必死に1頭の犬をみる。とかではなく 全体を余裕もって見渡せる感じなので 犬達もコチラも色々吸収できる
ような気がします。


ハッピードッグが沢山いますよ~~♪   ココニャン一家の縁結び


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガイル母ちゃん

Author:ガイル母ちゃん
ブラックジャーマン、ホワイトシェパード、グレイハウンド、ダックス、猫、保護犬と子供3人の大所帯。センターに収容される犬のボランティアをしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。